不眠症を解消するお風呂の入り方

不眠症対策お風呂は、血行を促進し、快眠に必要な交感神経のバランスを、睡眠に適した状態にする効果があります。
このバランスが睡眠に適した状態になると、心身ともにリラックスし、入眠しやすい環境を作るのです。
睡眠を誘う、お風呂の入り方
基本的には、寝る2時間くらい前にお風呂に入りましょう!温度的には、37度~39度くらいのぬるめのお風呂が最適です。このぬるめのお風呂に、時間をかけてゆっくり入ることがポイントです。最低でも、20分以上は入るように心がけましょう!読書や音楽を聴きながら、ゆっくり入ってもいいですね。
▼シャワーは、水圧強めのものを、じっくり時間をかけて浴びましょう!
頭の上から、ジャ~っとながしているだけでも効果ありです!このシャワーには、交感神経のバランスを保つ効果があるのです。
▼お風呂の中や、お風呂上がりには、ストレッチやマッサージが抜群!
快適な睡眠を得る不眠症対策のポイントは、血行をよくすること。血行がよくなるためなら、努力はおしまないように!^^入浴している最中や、出てからの足ツボマッサージなんかは、最高です!芯から体を温めます。15分くらいの実践が効果的ですね。ぜひ、試してみてくださいね。
不眠症に効果があるものとして、入浴やストレッチなどが良いと言われています。
体を温めたり、血行を良くすることは自然と体をリラックスさせて、休息を取る方向へ向かわせます。足ツボも体を芯から温める効果があります。お風呂上りなどに15分程度やってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク