不眠症治療には、まず「知識武装」から。

睡眠障害とは?不眠症の治療には、いくつかの方法があります。
■眠りやすい環境を作り、自己改善する方法
■不眠症の原因となる「何らかの疾患」の治療をまず行う
■支持療法
■精神療法
■薬物療法などがあります。
※いずれにしても、専門医の診察が必要です。
まず、睡眠障害、とくに不眠症にしっかりとした対策をして治療するには、自分自身が睡眠に関する知識をしっかりと身につけることが、もっとも大切です。
不眠症を訴える人の多くは、この睡眠に対する知識をほとんど持たずに、
過度に(多少オーバーに)不眠に対する不安を抱えている場合が多いといわれています。
たとえば、
▼年齢や季節、生活環境により、生理的な睡眠変化がおきること。
▼睡眠時間は、ひとそれぞれまったく違ったものだということ。
▼眠れない夜が、仮に何日か続いても、それほど気にするものではないということ。
これらは、まずしっかりと自分のなかで意識すべき必要があるということです。
なぜなら、これらを知識として理解していないばかりに、「自分は不眠症かも」という余計なストレスや不安を感じてしまって、実際に不眠症にかかってしまうケースもよくあるためです。
また、不眠改善のために、
誤った睡眠習慣を身につけてしまって、
さらに不眠症が強化したり、慢性化しているケースも少なくありません。
まずは、上の3点をしっかりと自分の中に落とし込み、
肩の力を抜いてから、不眠症(+睡眠に対する)の知識を実際に身につけていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク