不眠症治療:誰でも簡単にできる「副交感神経」刺激法!

不眠症治療自律神経を、適度な状態に保つことで、入眠しやすい状況を誰でも簡単に作ることができます。
自律神経のバランスをよい状態にするといっても、
何も難しいことはないので、安心してくださいね。
■入眠しやすい自律神経の状態は、「副交感神経」が優位のとき。
自律神経には、交感神経と副交感神経の二つがありますが、
人が入眠しやすい自律神経の状態は、副交感神経が優位のときといわれています。
この副交感神経を優位に保つ方法は、いろいろあるのですが、
ここでは誰でも簡単にできる方法をお話します。
▼副交感神経の優位な状態を作るのは「入浴」!
不眠症を自分で治療する「副交感神経の優位性」ですが、これはいったん交感神経をいったん優位にする必要があります。
この交感神経の優位性が徐々に時間が経っていくと、今度は逆に副交感神経の優位性が始まります。たとえば、ブランコを引っ張ったら、手を離すと、前にもどっていく。。。そんなイメージです。
▼入浴シーンでもっとわかりやすくいうと、お風呂に入ると誰でも、暑くて汗をかくと思います。
つまり、体温の上昇です。
体温の上昇が始まると、血圧が上がり、皮膚をはじめとする血管の拡大が始まります。血管の拡大が始まると、血圧は正常にもどります。
つぎに、お風呂を出ると、みんな寒いですよね。体中の血管も寒いので、凝縮します。
つまり、再度血圧は上昇するのです。このように、発汗や血圧の変化などが盛んに行われると、交感神経が優位になっている状態といえるのです。
まずは、この交感神経の優位性を作る必要があるのです。
★お風呂から出て、一息ついたところが副交感神経の出番!
入浴後に水分などを取って、テレビなどを見ながら落ち着く時間があると思います。
こうしたときに、入浴後からはだんだんと心拍数は下がってきて、ここから「副交感神経の優位性」がはじまるのです。
そして、この副交感神経の優位になった状態は、あなたに入眠しやすい状態を体の内面から作ってくれるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク