不眠症の原因に多いのは○○だった!

不眠症の原因とは?不眠症の原因は、さまざまなタイプがあります。
たくさんのタイプをわかりやすいようにざっくり分けると、
以下の3つに分類することができます。
1、性格
2、習慣
3、精神疾患実
不眠症をうったえる患者さんの中で、
一番多いのは1の「性格」によるところが、全体の8割にも上ります。
これはいったいどういうことか?
どういう性格のことなのか?
それは、ズバリ「神経質」なタイプの人に多くみられるのが
この不眠症の実態なのです。
一過性のストレスや、環境変化などにより、一
時的に不眠に襲われたことをそのまま
「今日もねむれないなぁ。。。私は、もしかして不眠症なのかな??」
などというように、自分が不眠症でなく、
一時的な不眠にかかっていることを知らずに、
神経質な性格により、発症していない不眠症を心に強く感じてしまう。
そして、それを意識するようになり、本当に不眠症にかかってしまう。
実は、このようなパターンが非常に多いのです。
睡眠障害とは?
不眠の中でも一番多いタイプ「入眠障害」のタイプは、
布団に入ってから自分のつらい過去などを振り返ったり、
「また今日も眠れないのかな??」などの予 期不安など、
どんどん深い考えで、自分を責めてしまうことで交感神経を刺激し、
目がさえてしまうなどの原因も考えられます。
これが、実は悪循環へのスタートで、
眠れないことへのストレスや疲労が、またひどいストレスなどへとつながる本当の意味での「睡眠障害による不眠症」へと発展してしまいます。
とくに、神経質な人などは、
このストレスが長く続くと「症候群性不眠症」へ移行してしまうケースがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク