あまり自分では気づいていない「むずむず脚症候群」での不眠

むずむず脚自分ではあまり認識されていない不眠原因のひとつ、「むずむず脚(あし)」。
どういうものかと簡単に説明すると、
夜間の睡眠時に伴う脚の異常なまでのムズムズ感。
これは、著しく入眠障害を引き起こす原因となっています。
このむずむず脚が原因で不眠を起こしている患者の多くは、自分が脚の感覚が不眠につながっているとは気づいていないことが多く、注意が必要です。
つまり、自分には「なんか脚がムズムズするんだよなぁ」という感覚があったり、
寝ている最中に、足を動かさずにはいられないような状況がある場合には、
このむずむず脚の兆候が見られるということを認識し、
しっかりと不眠症の専門医師に伝えることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク