簡単にかたづけないで!アルコールと水分の摂取も不眠症の原因

睡眠障害とは?夜中に、トイレにたつことって、ごく普通の出来事だと思っていませんか?私もよくあるんですが、この睡眠中のトイレによって、よくその後の睡眠が邪魔されることがあります。
実は、これも不眠の原因のひとつなんです。
通常は、寝る前の3時間前には水分をとることを控えれば、このような睡眠中のトイレは避けることができます。
また、少量ではあってもお茶やコーーヒーに含まれるカフェイン、薬、アルコールの摂取は睡眠を障害します。就寝前のアルコール摂取は、少量であれば寝つきがいいのも事実です。
ただ、アルコールというものは免疫がつくのが早いので、その量は次第に多くなります。
このような場合よくあるのは、アルコールを寝る前に飲むようになって寝つきはよくなったけど、朝起きるのが異常に早くなるというような早朝覚性がでることです。
就寝前のアルコール摂取はできるだけ控え、薬やカフェイン、水分なども就寝前に飲用することはできるだけ3時間前にすることを心がけるのが、不眠症の原因を減らします

スポンサーリンク
スポンサーリンク