睡眠リズムのズレが原因

不眠症対策人は、睡眠時間は5~8時間が最適とされています。
(もちろん個人差はあります)
たとえば、会社のお昼休みなどに、
前日の睡眠が足りなかったことや、
少し横になるつもりなどの昼寝を数時間してしまい、
この昼寝が原因で(だいたい人によって体で覚えている睡眠時間を、いつもと違ったリズムでとろうとすると)その日の夜は寝れなくなるなどの不眠があります。
もちろん、昼寝自体は悪いことでもありませんし、
かえって仕事やその日の活動の効率が上がることがほとんどですけどね。
ですから、この程度の不眠は心配する必要はないでしょう。
深く考え込まないことが大切です。
そもそもこの程度では、病気ではありません!
ごく普通のことです。
「あ、こんな程度でも一時的に不眠にはなるんだな!」
不眠の原因を認識しておけばいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク