不眠症のタイプ「中途覚醒」ってどんな不眠?

中途覚醒不眠症のタイプの中でも、もっとも多いのがこの「中途覚醒」のタイプです。
実に、日本人成人の15%もの人が、この中途覚醒で悩んでいるのです。
入眠障害と比べても、約2倍の数字ですね!
入眠障害に比べても、頻度年齢もある程度絞られた年代に多いといわれており、
とくに、中高年の年代に多いとされています。
中途覚醒の特徴としては、一度眠りから目覚めると、
その後なかなか寝付けないという特徴を持っているのが、この中途覚醒です。
よくありますよね!?
夜中に突然、トイレで目が覚めて、なんだかそのまま眠れなくなって、
テレビや本を読んでしまうようなこと。。。(苦笑)
気づいてみたら、「ヤバイ!もう朝だ↓(涙)」なんてね。
それで、その日は日中から眠気抜群で、
やる気もでないし、いいことなし。
この中途覚醒型不眠症は、
しっかりとその原因をつきとめると、軽度のものであればすぐに改善することができます。
(私の体験談です^^)
まずは、この中途覚醒型不眠が、
何からもたらされているかを、しっかりと知識をつけましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク