入眠障害の場合には、薬物療法の際は注意が必要です。

入眠障害入眠障害の場合には、薬物療法の際は注意が必要です。
なぜならば、もともと入眠障害を引き起こす患者さんは、
気持ちの面で神経質である人が多く、
とっても睡眠に対して、不安や恐怖心を感じている人が多いのです。
こういう人は、「睡眠薬」というものに対しても、非常に不安を覚えます。
この不安が、かえって
「この薬は大丈夫かな?」
「癖にならないかなぁ?」
などというように、より神経質に考えてしまい、
入眠障害をさらに悪化させてしまう可能 性もあります。
使う際は、必ず医師との相談や説明を受けるべきです。
飲用する睡眠薬に対して、十 分な知識もなく、
薬物治療を行うことはとっても危険ですので、避けましょう!
あとは、入眠障害に対して、
間違った認識を持つことも、よくありません。
例えば、、、
▼早く寝るために早寝すること!
▼寝る前のお風呂で安眠できる!
▼とりあえず睡眠薬を飲んでみる!
このような、間違った認識を持っている人もいますが、
どれも正解ではありません。
入眠に対しては、ただしい知識を身につけることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク